第2章 消防防災の組織と活動 

(3)急病に係る疾病分類項目別搬送人員の状況

 平成13年中の急病の救急自動車による搬送人員231万5,317人の内訳をWHO(世界保健機構)の国際疾病分類(ICD)の項目別にみると、脳疾患(12.7%)、消化器系(11.1%)、心疾患系(10.6%)の順となっている(その他、症状・徴候・診断名不明確の状態を除く。)(第2-4-1図)。
 


 

テキスト形式のファイルはこちら

前の項目に戻る     次の項目に進む