第2章 消防防災の組織と活動 

(6)減少する転送

 平成13年中の救急自動車による転送の状況をみると、傷病者の99.1%(415万4,064人)が転送なしに収容され、残りの0.9%に当たる3万6,833人が転送されている。転送された傷病者の全体に占める割合は年々減少している。

 

テキスト形式のファイルはこちら

前の項目に戻る     次の項目に進む