第6章 消防防災の科学技術の研究・開発 

(2)住宅内電気器具の火災感知への応用技術の確立

 平成11年度からエアコンディショナーや空気清浄機などの機器に盛り込まれている煙センサー、匂いセンサー、温度センサー等の各種センサー及びマイクロコンピュータを活用して火災を発見することのできる技術を開発し、住宅向け並びに高齢者施設向けの火災感知機能付エアコンディショナー(住宅火災総合監視システム)を試作した。
 平成13年度に消防研究所が実施した、その他の重点研究の概要は、以下に記すとおりである。
 ○林野火災の発生危険度と拡大を予測するシステムの開発(平成13〜15年度(予定研究期間。以下同様))
 オンライン気象データ、林野火災データ及び地形データベース等、IT技術革新により利用可能となった情報を活用して林野火災の発生危険度と林野火災拡大状況を予測するシミュレーションシステムを開発する。
 ○中高層建物の上階延焼による被害軽減のための研究(平成11〜14年度)
 中高層共同住宅火災の火災性状及び上階への延焼拡大性状を中規模模型実験等により明らかにし、上階延焼危険性の評価手法の確立を目指すとともに、延焼拡大防止対策、避難安全対策及び消防防災上の対策を提言する。なお、平成13年9月1日に発生した新宿歌舞伎町小規模雑居ビル火災を受け、実大階段室模型を用いた火災実験等の研究内容を緊急に追加し実施した(囲み記事p416参照)。
 ○建物火災に関する研究成果を有効に活用する技術の研究(平成13〜15年度)
 素材の燃焼性状、実大火災実験等の多様な研究成果情報を活用し、火災性状予測に基づく火災疑似体験、あるいは、インターネットを介した情報の共有化を可能とする共通データベース手続と仮想現実空間でのシミュレーション技術を開発する。
 ○ウォーターミストの消火機構と有効な適用方法に関する研究(平成12〜14年度)
 火災の火源規模等と、ウォーターミストの物理的性質、消火機構との関連について実験的・解析的に研究し、ウォーターミストにより消火できる火災の種類と規模を明らかにする。
 ○原子力施設の消防防災技術に関する研究1 原子力施設における救助活動支援ロボット開発のための研究(平成13〜15年度)
 原子力施設における臨界事故や火災・爆発事故発生時に、要救助者を被ばくから守る防護壁ロボットと要救助者を牽引し安全な場所へ移動させる牽引ロボットの要素技術を開発する。
 ○原子力施設の消防防災技術に関する研究2 原子力施設に利用される物質の消火困難性解明のための研究(平成13〜15年度)
 原子力施設において使用されるアルカリ金属類について、小規模消火実験により消火残さの発火機構の解明を行い、中規模実験により粉末消火剤による消火性能と消火残さの発火抑制機能を評価する。
 ○危険性判定試験方法の適正化に関する研究(平成13〜15年度)
 消防法の危険物の判定試験法改正後に登場した新しい化学物質等、従前の判定法では危険性が十分評価しきれない物質について、当該新規物質の危険性の推定・把握ができる試験方法の修正を行う。
 ○小規模タンクの地震時の安全性評価手法確立のための研究(平成12〜14年度)
 地震時における小規模タンクの浮き上がり挙動を実験的及び解析的に調べ、タンク底部の浮き上がり現象に起因する底部破口のメカニズムを解明し、地震動に対する小規模タンクの強度評価手法を確立する。

 

テキスト形式のファイルはこちら

前の項目に戻る     次の項目に進む