特集 新たな火災予防対策の推進
〜新宿区歌舞伎町ビル火災の教訓を踏まえて〜 

特集 新たな火災予防対策の推進
〜新宿区歌舞伎町ビル火災の教訓を踏まえて〜

はじめに

 平成13年9月1日未明に発生した新宿区歌舞伎町ビル火災は、一夜のうちに44人もの尊い命を奪い、昭和57年のホテル・ニュージャパン火災(死者33人)を超える大惨事となった。この火災が、延べ面積500m2程度の小規模なビルで発生したにもかかわらず、このような被害となったのは、違法・不適切な防火管理が行われていたこと等により火災に対して有効な初期対応ができなかったこと等が原因である。
 この火災を踏まえ、緊急に実施された全国の小規模雑居ビルの一斉立入検査の結果、何らかの消防法令違反があるものが9割を超えるなどの事実が判明し、これらの問題がこのビルに特有のものではなく、同種の小規模雑居ビルにおいても共通の問題であることが明らかとなった。今回の新宿区歌舞伎町ビル火災は、近年、防火対象物の構造・設備、用途、利用形態等の多様化・高度化が進展し、また用途やテナントの変更が頻繁なビルが現れていることを背景にして、防火管理を十分に実施し、消防法令を遵守しなければ、小規模な防火対象物であっても、大惨事が発生することを示したのである。
 消防庁では、こうした新宿区歌舞伎町ビル火災の教訓を踏まえて、従来からの火災予防対策のあり方について、次のような点等を中心に基本的な見直しを行った。

1)違反是正の徹底
 消防機関は、従来のように防火対象物の関係者の自発的な違反是正を促す行政指導を中心として違反処理を行うだけでなく、個別の違反事案の火災予防上の危険性の程度、防火対象物の関係者の自発的な違反是正の意思等の有無、違反処理のための代替手段の可能性等に応じて、消防法による措置命令、使用禁止命令、刑事告発等の措置を積極的に講じることにより、迅速かつ効果的な違反処理を進める必要がある。また、防火対象物の利用者や周辺の住民が、自らの生命、身体及び財産を守るために、当該防火対象物の違反処理の状況に関する情報をあらかじめ知ることができるような仕組みが必要である。

2)防火管理の徹底
 防火対象物が、社会状況の変化・科学技術の発達等により、その使用形態も含めて高度化・多様化・複雑化する中で、その防火管理を行うためには火災予防に関する高度な知識や経験が必要となる。このため、こうした知識や経験を有する専門家など民間の力を活用しながら防火管理を補強することができる仕組みを設けることが必要である。また、防火対象物の利用者等が、その防火管理の状況に関する情報をあらかじめ知ることができるような仕組みが必要である。

3)避難・安全基準の強化
 直通階段が1の防火対象物については、火災が発生した場合に人命に危険が及ぶ可能性が高いため、火災を早期に発見・報知し、避難を迅速に行うことが必要である。また、防火対象物の使用形態が多様化、複雑化する中で、新たな形態の防火対象物の用途の出現に対応した消防法令の防火安全上の基準が必要である。

 消防庁では、このような観点を踏まえ、1)消防機関による「違反是正の徹底」、2)ビル管理者等による「防火管理の徹底」、3)「避難・安全基準の強化」等を柱として、消防法の改正をはじめとする制度改正等を行った。

 本特集では、新宿区歌舞伎町ビル火災の教訓を踏まえた再発防止のための取組みを紹介するとともに、消防法令改正等の制度改正のポイント等を解説する。

新宿区歌舞伎町ビル火災(東京消防庁提供)


 

テキスト形式のファイルはこちら

前の項目に戻る     次の項目に進む