第1章 災害の現況と課題 

韓国地下鉄火災の概要

 平成15年2月18日に発生した韓国大邱(テグ)市における地下鉄火災を踏まえ、我が国の地下鉄道の安全対策について検証等していく必要があるとの認識の下、消防庁及び消防研究所の研究員を韓国に派遣し、現地調査を実施しました。その結果の概要は以下のとおりです。

○発生日時 :平成15年2月18日(火)
     午前9時53分頃
○発生場所  :大邱(テグ)市地下鉄一号線 中央路(チュアンノ)駅構内(地下3階部分)の列車の1両目車内
○被害状況 :人的被害:死 者192名(対向列車客室内での死者142名、放火列車客室内での死者無し)
     負傷者148名
    :列車等被害 客車12両(6両編成2列車)全焼及び駅舎昇降場所等焼損
○火災の原因 :乗客が車内にガソリンを撒いて放火したもの
○被害拡大の経過
  (1)放火直後に車両内で火炎が急速に拡大し、内装材等から煙と燃焼生成ガスが大量に発生
  (2)火災の初期から地下2階、地下1階へ煙が急速に拡散、地下駅(地下3階)の乗客等は階段を使い避難をするが、逃げ遅れ救助される者が多数発生
  (3)車両の窓ガラスがゴムで固定されており、熱でゴムが溶け、窓ガラスが脱落、窓から火煙が吹き出し火災が拡大した模様
  (4)対向列車が火災発生後の中央路駅に到着、立ち往生し類焼
○救助活動等
  (1)消防局は火災通報を受け、直ちに大邱全域の消防機関に出動を指示。
    158隊が出動(隣接消防機関及び中央救助隊の応援隊を含む)。
  (2)隊員は濃煙の中を進入し、負傷者約200名を救助。また隊員も10名が濃煙のため負傷。

 
車両内部の延焼状況

 

テキスト形式のファイルはこちら

前の項目に戻る     次の項目に進む