第1章 災害の現況と課題 

(3)自主防災組織の育成等

 風水害による被害を最小限にとどめるためには防災機関の活動のみならず、住民自らの災害に対する日常の備えが不可欠であり、市町村と住民の協働による訓練をはじめ、防災知識の普及啓発に引き続き努めるとともに、地域の防災対策を担う自主防災組織の育成強化を進める必要がある。

 第5節 風水害対策

テキスト形式のファイルはこちら

前の項目に戻る     次の項目に進む