第1章 災害の現況と課題 

[地下施設等の災害対策]

 鉄道トンネル(地下鉄に接続するトンネルを含む。)、道路トンネル及び今後開発が予想される大深度地下施設は、出入口が限定された閉鎖性の高い場所であり、いったん火災等が発生し、濃煙、熱気が充満した場合には、利用者の避難・誘導、消防隊の消火・救助活動等に種々の制約、困難が伴うこととなる。

 第8節 特殊災害対策等

テキスト形式のファイルはこちら

前の項目に戻る     次の項目に進む