第2章 消防防災の組織と活動 

(1)国の栄典

 日本国憲法に基づく国の栄典として、叙位、叙勲及び褒章がある。国の栄典制度については、21世紀を迎え、社会経済情勢の変化に対応したものとするため、平成14年8月の閣議決定により見直しが行われ、平成15年秋から実施された。
 その主な内容は、勲章については、〔1〕旭日章と瑞宝章について、従来の運用を改め、功労の質的な違いに応じた別種類の勲章として運用し、消防職団員については、瑞宝章とする〔2〕旭日章と瑞宝章について、勲七等及び勲八等に相当する勲等を廃止して、功労の大きさに応じた区分をそれぞれ6段階に整理するとともに名称を変更する〔3〕危険業務従事者叙勲を創設する等であり、褒章については、年齢にとらわれることなく速やかに顕彰する等である。
 <叙位> 国家又は社会公共に対して功労のあるものをその功労の程度に応じて、位に叙し、栄誉を称えること。
 なお、昭和21年の閣議決定により生存者に対する運用は停止され、死亡者にのみ運用されている。
 <叙勲> 国家又は公共に対して功労のある者に対して勲章を授与し、栄誉を称えること。
 また、消防関係の叙勲は、以下の種類に分けられる。
・春秋叙勲 春は4月29日、秋は11月3日に実施される。
・危険業務従事者叙勲  著しく危険性の高い業務に精励した功労者に対し実施されるもので、上記の日に春秋叙勲とは別に実施される。
・高齢者叙勲 春秋叙勲又は危険業務従事者叙勲によりいまだ勲章を授与されていない功労者のうち、88歳になった者に対して、毎月1日付けで実施される。
・死亡叙勲 死亡した功労者に対し、随時実施される。
・緊急叙勲 殉職者など特別な功績を有する者に対し、随時実施される。

 <褒章> 自己の危険を顧みず人命救助に尽力した者、業務に精励し他の模範となるべき者、学術、芸術、産業の振興に多大な功績を残した者、その他公益の為私財を寄附した者等に対して褒章を授与して栄誉を称えること。
 褒章は、功績の内容によって、消防関係では以下の褒章が運用されている。
・藍綬褒章      多年消防業務に従事し、その功労が顕著な消防団員を対象としている。
・黄綬褒章      消防関係業務に精励し衆民の模範である者を対象としている。
・紺綬褒章      消防関係機関に対し、一定の金額以上の寄附を行った個人又は団体を対象としている。
・紅綬褒章      火災等に際し、身を挺して人命救助に尽力した者を対象としている。

 第2節 消防職団員の活動

テキスト形式のファイルはこちら

前の項目に戻る     次の項目に進む