第6章 消防防災の科学技術の研究・開発 

5 国際的な研究の協力と交流

 火災等災害は我が国固有のものもあれば、多くの国々が同様な災害に遭遇しているものもある。このため、災害の情報や研究の成果等を相互に公開し研究を効率的に進める必要がある。また、大量の危険物等が国境を越えて流通しているので、それらの安全に関する国際規格を作成するためにも研究の国際的協力が必要である。このため、国際的な共同研究、研究者の交流等を積極的に推進することが不可欠である。このため、消防研究所は、以下の国内外との共同研究等を実施している。

 [消防研究所における研究開発等]

テキスト形式のファイルはこちら

前の項目に戻る     次の項目に進む