トピックスI 新潟県中越地震及び本年の風水害の状況と消防の対応 

3 今後に向けて

 大規模な災害や広域に及ぶ災害が発生した場合、行政の能力には限界があることから、迅速な人命救助活動、更には避難生活において、自助・共助・公助の連携がいかに機能するかにかかっている。今回の豪雨災害・台風災害・地震災害についてもそれが当てはまるといえる。迅速かつ的確な避難勧告(公助)がなければ住民避難は進まず、また、避難勧告が発出されても、住民の危機意識が希薄で適切な避難(自助)が実行されなければ意味がない。高齢者や障害者等の援護が必要な方には、情報面や避難行動の面からの支援(公助、共助)が必要である。避難生活が始まれば、いち早い行政・民間からの支援が必要であるし、長期化する場合には様々なケアが必要であり、行政とボランティアとの連携も重要となっている。
 今回浮き彫りとなった課題への対策については、これらが有効に機能することを念頭に検討していく必要がある。

 3 今後に向けて

テキスト形式のファイルはこちら

前の項目に戻る     次の項目に進む