第2章 消防防災の組織と活動 

平成19年度救助技術の高度化等検討会報告書の公表

―編み構造ロープ等を使用した救助技術について―

 消防の救助隊が行うロープを使用した救助活動については、主にナイロン製三つ打ちロープ、スチール製カラビナ及び滑車の組み合わせにより実施されています。
 しかし近年、編み構造ロープのうちカーンマントルタイプの救助ロープ及び同ロープに関連する資器材を取り入れている消防本部があります。こうした資器材の導入は、救助技術の高度化に資するものと考えられますが、一方、安易に導入、使用をした場合、予想もし得ない重大な事故が発生することが考えられます。
 こうした状況を踏まえ、平成19年度に「救助技術の高度化等検討会」(座長:蓼沼朗寿・全国過疎地域自立促進連盟専務理事)を開催し、「編み構造ロープ等を使用した救助技術について」の検討を行ったものです。

○ 報告書の概要
 「救助体系の特徴」、「カーンマントルロープを使用した救助体系における基本的事項」、「目的別活動要領」、「まとめ」の項目に大別して検討した結果に、救助用ロープの試験結果等の「参考資料」を加え、取りまとめました。主な概要については、次のとおりです。

(1)救助体系の特徴
 ・ ツイスト構造の三つ打ち撚りロープを使用した救助体系について
 ロープのほか、スチール製カラビナ及び滑車という数少ない資器材を使用し、人力や摩擦による抵抗などを利用したものであり、救助ロープの二本合わせの設定、カラビナの複数設定、滑車に対する補強カラビナの設定、更には懸垂ロープの設定等については、二次支点を設定するなど、二重安全の理念を基本にし、全国の救助隊員に共通の技術として認識され、広く浸透している。
 ・ カーンマントル構造の編みロープを使用した救助体系について
 欧米諸国では、カーンマントル構造の編みロープを使用した救助体系が構築されており、伸び率の小さいロープと伸び率の大きいロープが、それぞれの特性に応じて使用されている。
 カーンマントル構造の編みロープを使用した救助体系においては、用いられる資器材の多くが、三つ打ちロープを使用した救助体系と異なり、ロープ二本合わせの設定等が出来ないため、救出専用ロープと二次確保ロープを別系統で設定することにより二重の安全が確保される。
 ただし、手法や使用する器具の種類・数量が増加するため、個々の性能・特性を十分理解する必要があり、万一取り扱いを間違えると、重大な事故を招く恐れがある。

(2)カーンマントルロープを使用した救助体系における基本的事項
 「主な使用資器材」、「結索要領」、「力学」、「倍力効果システム」の内容について記載。
 [記載例]
 ・ ロープの構造
 カーンマントルロープの構造
 カーンマントルロープは、繊維(ナイロン)を撚って束ねた内芯(コア)と、繊維(ナイロンやポリエステル)を編んだ外皮(シース)の二層からなり、内芯(コア)が全体強度の大部分を占めている。
 ロープを挟み込み機能する器具等は、カーンマントル構造のロープで使用することを前提として作られている。

カーンマントルロープの構造

(3)目的別活動要領
 「支点・支持点設定」、「確保要領」、「高所・低所への進入が伴う救助」、「ロープブリッジ展張による救助」の内容について記載
 [記載例]
 ・ 低所からの引上げ
 進入時に使用したロープに、滑車を利用した倍力システムを組み救助員又は要救助者を引上げる。バックアップラインの設定を必ず行う。

3倍力システム

隊員の引上げ

(4)まとめ(カーンマントルロープを使用した救助体系における留意事項)
 消防救助隊が行う現在の救助体系は、懸垂ロープ、渡過ロープ等を原則として二本合わせにするなど「消防救助操法の基準」に沿って活動を行うことが基本です。
 しかしながら、編み構造ロープ等を使用した救助体系により活動を行う場合については、二本合わせによることが困難であるため、救助用メインラインに加えて確保用バックアップラインを別系統で設定するなどにより、適切な二次的安全措置を確保する必要があります。
 新たな資器材を導入することは、救助技術の高度化を推進させ救助の質の向上に資することとなるが、一方で重大事故が発生する要因となり得る恐れがあります。
 従って、編み構造ロープ等を使用した救助体系を導入する際には、本報告書及び各資器材の説明資料の内容を理解するとともに、各消防本部においても検証・訓練等を実施することにより、導入した資器材の性能・特性を把握し、消防のロープ救助の理念である二重安全を確保した技術・知識の修得に十分努めた上で、実災害に臨んでいただきたいと考えています。

 第5節 救助体制

テキスト形式のファイルはこちら

前の項目に戻る     次の項目に進む

→目次へ戻る
→Topへ戻る