第1章 災害の現況と課題

(2)避難路・避難所の周知徹底及び安全確保等

消防庁では、市町村に対し、避難路・避難所については、住民が円滑かつ安全に避難できるよう、周知徹底するとともに、豪雨災害等の特性を踏まえた安全性の確保、移送手段の確保及び交通孤立時の適切な対応を求めている。

また、避難者が多数発生するなど、一時的に避難所の確保が困難となる場合には、避難所として指定されていない他の公共施設等を一時避難所として確保するよう求めている。


第1章 災害の現況と課題

テキスト形式のファイルはこちら

前の項目に戻る     次の項目に進む