第4章 自主的な防災活動と災害に強い地域づくり

(2)自主防災組織等

ア 地域の自主防災活動

自主防災組織は地域住民の連帯意識に基づき自主防災活動を行う組織で、平常時においては、防災訓練の実施、防災知識の普及啓発、防災巡視、資機材等の共同購入等を行っており、災害時においては、初期消火、避難誘導、救出・救護、情報の収集・伝達、給食・給水、災害危険箇所等の巡視等を行うこととしている。

平成21年4月1日現在では、全国市区町村のうち1,658市区町村で13万9,316の自主防災組織が設置されており、組織による活動カバー率(全世帯数のうち、自主防災組織の活動範囲に含まれている地域の世帯数)は73.5%となっている(附属資料25)。

これらの自主防災組織を育成するために、873市区町村において、資機材購入及び運営費等に対する補助が行われており、また、360市区町村において、資機材等の現物支給が行われている。これらに要した経費は平成20年度で合計35億2,981万円となっている。

財団法人自治総合センターにおいては、コミュニティ助成事業の一環として自主防災組織の防災用資機材の整備に対する助成が行われている。

消防庁では、自主防災組織活動を進めるための指針である「自主防災組織の手引」(冊子)や自主防災組織結成のためのポイントを示した「自主防災組織の結成に向けて」(CD-ROM)を作成し、それぞれ各自治体等へ配布している。今後は、住民が参加しやすい工夫を凝らすことなどにより、地域の防災力を一層向上させていくことが必要である。

自主防災組織の活性化のためには、各自主防災組織間の協調・交流や行政・企業・教育その他の分野との連携が重要であり、自主防災組織が相互の活動内容を知り、連絡を取り合うための都道府県や市町村単位の連絡協議会の設置が有効であり、消防庁として設置の促進を支援することとしている。

平成21年度からは、地域防災力の強化を図るために地方公共団体が自主防災組織等の地域住民に対して実施する防災教育の取組を「地域防災スクール」として推進している。

なお、防災訓練においては住民の事故が起こらないか、細心の注意が払われているが、万一にも住民の事故が起きてしまった場合には、防火防災訓練災害補償等共済制度が活用されることとなっている。こうしたことによって住民が安心して訓練に参加できる体制が確立されている。


イ 婦人(女性)防火クラブ

家庭の主婦等を中心に組織された自主防災組織である婦人(女性)防火クラブは、平成21年4月1日現在、1万1,196団体、約178万人が活動しており、家庭での火災予防の知識の修得、地域全体の防火意識の高揚等を図っている。また、災害時には、お互いに協力して活動できる体制を整え、安心安全な地域社会をつくるため、各家庭の防火診断、初期消火訓練、防火防災意識の啓発等、地域の実情や特性に応じた防火活動を行っている。

なお、婦人(女性)防火クラブの団体相互の交流、活動内容の情報交換、研修等を実施し、活動内容の充実強化につなげるため、平成21年8月現在42道府県において都道府県単位での連絡協議会が設置されている。


ウ 少年消防クラブ

少年消防クラブは、身近な生活の中から火災・災害を予防する方法等を学ぶことを目的とし、研究発表会、ポスター等の作成、防災タウンウォッチングや防災マップづくりなどの活動を行っている。平成21年5月1日現在の組織数は、5,095団体、約43万人となっている。

消防庁では、地方公共団体等とともに全国少年消防クラブ運営指導協議会(会長:消防庁長官)を設けて、優良なクラブや指導者に対する表彰を実施しており、平成20年度は、特に優良なクラブ(ゴールド消太賞受賞団体)22団体、優良なクラブ(シルバー消太賞受賞団体)29団体、及び優良な指導者6名を表彰した。また、平成20年度も、表彰式とあわせて「自分で守ろう、みんなで守ろう」を合い言葉に「少年少女消防クラブフレンドシップ2009」を開催し、全国から多くのクラブ員が参加し、交流を深めたところである。

少年消防クラブは、これまで長く10歳から15歳までの少年少女を中心として編成されていたが、青少年の防災教育を推進する観点から、消防庁では平成20年11月に、クラブの対象を高校生など18歳までに引き上げることなどについての検討を都道府県等に依頼した。また、平成21年度において、少年消防クラブの活性化のための方策や、年齢を引き上げたクラブの活動内容についての検討を行っている。

なお、平成21年7月にチェコ共和国のオストラバ市で開催されたヨーロッパ青少年消防オリンピックに、日本から初めて全国からの4少年消防クラブが日本代表として特別参加し、消防競技に挑戦するとともに、ヨーロッパ地域22カ国からの出場選手との国際交流を深めた。


ヨーロッパ青少年消防オリンピックの様子(消防障害競技)


エ 幼年消防クラブ

児童・園児を中心とした幼年消防クラブは、幼年期において、正しい火の取扱いについてのしつけを行い、消防の仕事を理解してもらうことにより、火遊び等による火災発生の減少を図るためのものであり、近い将来、少年・少女を中心とした防災活動に参加できる素地をつくるため、9歳以下の児童、幼稚園、保育園の園児等を対象として編成され、消防機関等の指導の下に組織の育成が進められている。

なお、平成21年5月1日現在の組織数は、1万4,281団体、約119万人となっている。


第4章 自主的な防災活動と災害に強い地域づくり

テキスト形式のファイルはこちら

前の項目に戻る     次の項目に進む