目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
(3) 冬季・春季の火災による損害額が多い

平成25年中の出火件数を四季別にみると、火気を使用する機会の多い冬季から春季にかけての出火件数は総出火件数の57.3%となっており、損害額は56.2%を占めている(第1-1-4表)。

第1-1-4表 四季別出火状況
第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む