目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
第2節 危険物施設等における災害対策
[危険物施設等における災害の現況と最近の動向]

危険物施設(P76*2参照)における事故は、火災(爆発を含む。)と危険物(P.76*1参照)の流出に大別され、危険物施設の火災及び流出事故件数は、平成6年(1994年)から増加傾向にある。平成25年中(平成25年1月1日〜12月31日)は、火災が188件、流出が376件で合計564件となっており、前年より9件減少しているが、いまだ高い水準で推移している(第1-2-1図)。

第1-2-1図 危険物施設における火災及び流出事故発生件数の推移
第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む