目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
第3節 石油コンビナート災害対策
[石油コンビナート災害の現況と最近の動向]
1.事故件数と被害

平成25年中に石油コンビナート等特別防災区域(P. 83参照。以下「特別防災区域」という。)の特定事業所*1で発生した事故の総件数は229件で、その内訳は地震及び津波による事故(以下「地震事故」という。)が1件、地震事故以外の事故(以下「一般事故」という。)が228件となっている。一般事故について前年と比較すると、総件数は前年(248件)より20件減少している(第1-3-1図)。

*1 特定事業所:第1種事業所(石油の貯蔵・取扱量が1万キロリットル以上又は高圧ガスの処理量が200万立方メートル以上等である事業所)及び第2種事業所(石油の貯蔵・取扱量が千キロリットル以上又は高圧ガスの処理量が20万立方メートル以上等である事業所)をいう。
第1-3-1図 石油コンビナート事故発生件数の推移

事故の種別は、火災82件(前年比17件減)、爆発5件(前年比1件減)、漏えい133件(前年比2件増)、その他9件(前年比3件減)となっている(第1-3-1表)。

第1-3-1表 石油コンビナート事故発生状況

一般事故の発生件数の推移をみると、石油コンビナート等災害防止法施行後は減少傾向にあったが、平成6年(1994年)から増加傾向に転じ、平成18年に急増した。その後、平成20年、平成21年と2年連続して減少したが、依然高い水準にある。

平成25年中に発生した事故による死傷者数は、死者1人、負傷者15人である。

また、一般事故の原因をみると、設備の劣化や故障などの物的要因が126件(55.3%)、管理面や操作面などの人的要因が96件(42.1%)となっている。

第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む