目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
2.道府県・消防機関における防災体制
(1) 防災体制の確立

特別防災区域が所在する道府県では、石油コンビナート等災害防止法に基づく、石油コンビナート等防災本部(以下「防災本部」という)を中心とした防災体制が確立されている。防災本部は、石油コンビナート等防災計画(以下「防災計画」という。)の作成、災害時における関係機関の連絡調整、防災に関する調査研究の推進等の業務を行っている。

第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む