目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
2.平成26年1月から10月までの主な風水害(第1-5-3表)
(1) 台風第8号及び梅雨前線の影響に伴う7月6日からの大雨等による被害等の状況
第1-5-3表 平成26年中の主な風水害による被害状況等

7月4日にマリアナ諸島付近で発生した台風第8号は、発達しながら日本の南海上を北上し、気象庁は、数十年に一度の強度の台風及び数十年に一度の降雨量になると予想されたため、7日から9日にかけて沖縄県宮古島地方と沖縄本島地方に暴風、波浪、高潮、大雨の特別警報を発表し、最大級の警戒を呼び掛けた。

台風第8号は、7月8日には大型で非常に強い勢力を保ったまま沖縄本島と宮古島の間を通過した後、北上した。九州の西海上で進路を東寄りに変え、10日の午前7時前に鹿児島県阿久根市付近に上陸後、そのまま九州を通過し、本州の太平洋沿岸を東に進んだ。

この台風の接近・通過に伴い、沖縄本島地方では記録的な大雨になったほか、台風周辺の湿った南風と梅雨前線の影響で、台風から離れた地域でも局地的に猛烈な雨が降り、浸水被害や土砂災害による被害が発生した。7月9日には長野県南木曽町読書にある木曽川支流の梨子沢で土石流が発生し、12歳の男子1人が死亡するなどの被害が発生した。

台風第8号等による人的被害は死者3人(福島県1人、長野県1人、愛媛県1人)、負傷者67人となっているほか、土砂災害による住家や道路の被害、浸水被害が多数発生した。

消防庁では、7月7日午前9時00分に応急対策室長を長とする「消防庁災害対策室(第1次応急体制)」を設置し情報収集体制の強化を図った。

第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む