目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
(2) 西之島

西之島では、噴火による噴石等の堆積や溶岩の流出により、新たに形成された陸地の拡大の継続が確認されている。西之島及びそれらの付近の海域では噴火に警戒が必要なことから、気象庁は平成26年6月3日に火口周辺警報を発表し、警戒事項を火口周辺危険から入山危険に引き上げた。また、6月11日に火口周辺警報(入山危険)及び火山現象に関する海上警報を切り替え、警戒が必要な範囲を西之島の中心から概ね6km以内と明示した。

第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む