目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
(2) ガス事故による死傷者数

平成25年中に発生したガス事故(自損行為によるものを含む。)による死者数は5人、負傷者数は132人である。死者数は、都市ガスによるものが2人、液化石油ガスによるものが3人となっており、負傷者数は、都市ガスによるものが31人、液化石油ガスによるものが101人となっている。

死傷者を事故の態様別にみると、死者数は爆発・火災事故によるものが80.0%となっており、負傷者数は爆発・火災事故によるものが88.6%となっている(第1-8-4図)。

第1-8-4図 ガス事故による態様別死傷者数
第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む