目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
1.毒物・劇物等災害の現況と最近の動向

平成25年中に発生した毒物・劇物等(毒物及び劇物取締法第2条に規定されている物質並びに一般高圧ガス保安規則第2条に規定されている毒性ガス)による事故で消防機関が出動したもの(自損行為に起因するものを除く。)の総件数は91件で、前年の事故件数110件と比べると19件の減少となっている。その内訳は、火災事故が4件、漏えい事故が49件、その他38件である。

関係する毒物・劇物等は、件数の多い順に一酸化炭素、アンモニア、硫化水素、塩素及び硫酸となっている(第1-8-5図)。また、毒物・劇物等による事故における死者数は3人で、負傷者数は46人となっている。

第1-8-5図 毒物・劇物による事故の内訳
第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む