目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
[海上災害対策]
1.海上災害の現況と最近の動向

平成25年中の主要港湾(1隻の総トン数が1,000t以上のタンカーが平成25年1月1日から平成25年12月31日までの間に入港した実績を有する港湾をいう。)110港における海上災害で消防機関が出動したものは52件あり、このうち火災によるものが19件(全体の36.5%)、油の流出によるものが12件(全体の23.1%)ある。

また、事故船舶の規模別では、1,000t未満の船舶が30件で全体の57.7%を占めている(第1-8-2表)。

第1-8-2表 主要港湾における消防機関の出動状況
第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む