目次へ戻る
第2章 消防防災の組織と活動
第1節 消防体制
1.消防組織
(1) 常備消防機関

常備消防機関とは、市町村に設置された消防本部及び消防署のことであり、専任の職員が勤務している。平成26年4月1日現在では、全国に752消防本部、1,703消防署が設置されている(第2-1-1表)。

市町村の消防組織の現況

消防職員は16万1,244人であり、うち女性職員は4,290人である(第2-1-1表、第2-1-1図)。

消防職団員数の推移

市町村における現在の消防体制は、大別して、〔1〕消防本部及び消防署(いわゆる常備消防)と消防団(いわゆる非常備消防)とが併存している市町村と、〔2〕消防団のみが存する町村がある。

平成26年4月1日現在、常備化市町村は1,685市町村、常備化されていない町村は35町村で、常備化されている市町村の割合(常備化率)は98.0%(市は100%、町村は96.2%)である。山間地や離島にある町村の一部を除いては、ほぼ全国的に常備化されており、人口の99.9%が常備消防によってカバーされている。

このうち一部事務組合又は広域連合により設置している消防本部は296本部(うち広域連合は21本部)であり、その構成市町村数1,097市町村(361市、596町、140村)は常備化市町村全体の65.1%に相当する。また、事務委託をしている市町村数は132?市町村(32市、82町、18村)であり、常備化市町村全体の7.8%に相当する(第2-1-2図)。

消防本部の設置方式の内訳
第2章 消防防災の組織と活動
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む