目次へ戻る
第2章 消防防災の組織と活動
5.その他の教育訓練
(1) 救急救命士の養成

救急救命士養成のための教育訓練については、救急隊員が救急救命士の国家試験受験資格を取得するための養成所として、一般財団法人救急振興財団が救急救命東京研修所(年間600人規模)及び救急救命九州研修所(同200人規模)を開設している。

また、大都市の消防機関等でも救急救命士養成所を設置しており、平成25年度には、合わせて全国で約1,100人の消防職員が救急救命士の資格取得のための教育を受け、国家試験を受験した。

これらの救急救命士養成所では、「救急救命士学校養成所指定規則」(平成3年文部省・厚生省令第2号)に基づき、教育が行われている。

第2章 消防防災の組織と活動
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む