目次へ戻る
第2章 消防防災の組織と活動
6.防災教育の普及
(1) 地域における防災教育の推進

大規模地震、豪雨などの大規模災害による被害を軽減するためには、国民一人ひとりが出火防止、初期消火、避難、救助、応急救護等の防災に関する知識や技術を身に付けることが重要である。

消防庁では平成22年3月、児童、生徒、自主防災組織等の地域住民に対して消防・防災に関する知識や技術を伝えるために、広く防災教育の現場において活用していただける指導者用防災教材「チャレンジ!防災48」を作成し、地方公共団体等に配布するとともに、教材の内容をインターネット上で公開した(参照URL:http://open.fdma.go.jp/e-college/bosai/index.html)。平成22年度には、映像及び写真資料の充実を図るとともに、学習者が楽しみながら災害時の状況を想定した行動を思考し、災害に対処する実践的な能力を身に付けられるよう、防災紙芝居を追加、さらに、平成24年7月には、防災紙芝居を地方公共団体等に配布した。

第2章 消防防災の組織と活動
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む