目次へ戻る
第2章 消防防災の組織と活動
第5節 救急体制
1.救急業務の実施状況
(1) 救急出動の状況

平成25年中における救急自動車による全国の救急出動件数は、590万9,367件(対前年比1.8%増)と、前年と比較して、10万6,912件増加し、平成16年に初めて500万件を超えてからも一貫して増加傾向を続けている。1日平均とすると1万6,190件(前年1万5,897件)で、5.3秒(同5.4秒)に1回の割合で救急隊が出動したことになる。

また、救急自動車による搬送人員も一貫して増加傾向を続け、534万117人(対前年比8万9,815人増、1.7%増)となっており、国民の24人に1人(前年24人に1人)が救急隊によって搬送されたことになる。救急自動車による搬送の原因となった事故種別のうち、搬送人員数が上位のものは、急病が337万105人(構成比63.1%)、一般負傷が77万6,412人(構成比14.5%)、交通事故が52万9,041人(構成比9.9%)となっている(第2-5-1表、第2-5-2表、附属資料4041)。

救急出場件数及び搬送人員の推移
救急自動車による事故種別出動件数及び搬送人員

なお、消防防災ヘリコプターによる出動件数は3,256件(前年3,246件)、搬送人員は2,536人(前年2,525人)となっている。

第2章 消防防災の組織と活動
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む