目次へ戻る
第2章 消防防災の組織と活動
2.救急業務の実施体制
(1) 救急業務実施市町村数

救急業務実施市町村数は、平成26年4月1日現在、1,686市町村(791市、735町、160村)となっている(東京都特別区は、1市として計上している。以下同じ。)。

98.0%(前年98.0%)の市町村で救急業務が実施され、全人口の99.9%(同99.9%)がカバーされている(人口は、平成22年の国勢調査人口による。以下同じ。)こととなり、ほぼすべての地域で救急業務サービスを受けられる状態となっている(第2-5-6表、附属資料42)。

救急業務実施市町村数の推移

なお、救急業務実施形態の内訳は単独が456市町村、委託が133市町村、一部事務組合が1,097市町村となっている(第2-5-5図)。市町村によっては、消防業務のみを実施し、救急業務については他の市町村に委託しているところもある。

救急業務実施形態の内訳
第2章 消防防災の組織と活動
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む