目次へ戻る
第2章 消防防災の組織と活動
第6節 救助体制
1.救助活動の実施状況
(1) 救助活動件数及び救助人員の状況

消防機関が行う人命の救助とは、火災・交通事故・水難事故・自然災害や機械による事故等から、人力や機械力等を用いてその危険状態を排除し、被災者等を安全な場所に搬送する活動をいう。

平成25年中における全国の救助活動の実施状況は、救助活動件数5万6,915件(対前年比812件増、1.4%増)、救助人員(救助活動により救助された人員をいう。)5万7,659人(同1,679人減、2.8%減)である(第2-6-1表、附属資料44)。

救助活動件数及び救助人員の推移

このうち、救助活動件数の増加の主な要因は、「建物等による事故」が増加したことであり、「建物等による事故」の救助活動件数は2万2,220件(対前年比837件増、3.9%増)となっている。

また、救助人員の減少の主な要因は、「交通事故」及び「水難事故」が大幅に減少したことであり、「交通事故」の救助人員は2万333人(対前年比1,277人減、5.9%減)、「水難事故」の救助人員は2,585人(対前年比1,160人減、31.0%減)となっている。

第2章 消防防災の組織と活動
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む