目次へ戻る
第3章 国民保護への対応
3.消防庁等の役割
(1) 消防庁の役割

消防庁は、消防組織法及び国民保護法により、国と地方公共団体が相互に連携する上で重要な役割を担うこととされており、特に武力攻撃等に起因する災害に対処するため、自然災害等の場合よりも地方公共団体に多くの関与を行うこととされている。

消防庁は、指定行政機関の一つとして消防庁国民保護計画等を策定しており、具体的にはこれらに基づき、国民に対する情報の提供、救援の支援、国民保護の重要性の啓発、国民保護訓練等を行うこととなる。その主なものを挙げると以下のとおりである。

<1> 内閣総理大臣が行った国民保護対策本部を設置すべき都道府県及び市町村の指定等の都道府県知事及び市町村長への通知

<2> 対策本部長による警報の発令の通知及び避難措置の指示の内容の都道府県知事への通知

<3> 県境を超える避難に際し、必要と認める場合の関係都道府県知事への勧告

<4> 都道府県知事から報告を受けた安否情報について、照会に応じ情報提供

<5> 武力攻撃災害を防除するための消防に関する措置及び消防の応援等の必要な措置に関する、都道府県知事又は市町村長への指示

<6> 自ら収集し、又は都道府県知事等から報告を受けた被災情報の対策本部長への報告

<7> 都道府県知事からの求めに応じ、国や他の地方公共団体の職員の派遣について、あっせんを実施

<8> 国民保護法に基づく地方公共団体の事務に関し、国と地方公共団体及び地方公共団体相互間の連絡調整

第3章 国民保護への対応
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む