目次へ戻る
第4章 自主的な防火防災活動と災害に強い地域づくり
(3) 全国山火事予防運動(平成26年3月1日〜3月7日)

全国山火事予防運動は、広く国民に山火事予防思想の普及を図るとともに、予防活動をより効果的なものとするため、消防庁と林野庁の共同により、春季全国火災予防運動とあわせて同期間に実施している。

平成26年の全国山火事予防運動では、「守りたい 森の輝き 防火の心」を統一標語として、ハイカー等の入山者、地域住民、小中学校生徒等を重点対象とした啓発活動、駅、市町村の庁舎、登山口等への警報旗の設置やポスター等の掲示、報道機関等を通じた山火事予防思想の普及啓発、消防訓練の実施や研究会の開催、地域住民、森林所有者等による山火事予防組織と女性(婦人)防火クラブ等民間防火組織が連携した予防活動等を通じ、林野火災の未然防止を訴えた。

第4章 自主的な防火防災活動と災害に強い地域づくり
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む