目次へ戻る
第5章 国際的課題への対応
2.派遣体制

「国際緊急援助隊の派遣に関する法律」に基づき、海外における大規模災害発生時に、被災国政府等からの要請に応じて我が国が実施する国際緊急援助の概要と救助チーム等の派遣の流れは、第5-1図及び第5-2図のとおりである。

第5-1図 国際緊急援助の概要
第5-2図 派遣までの流れ

消防庁は、外務省からの派遣協力に関する協議に基づき、消防庁職員に国際緊急援助活動を行わせるとともに、消防機関に対し、その職員に国際緊急援助活動を行わせるよう要請することができることとなっている。

このため、あらかじめ77市町村の消防本部に所属する救助隊員599人(平成26年4月1日現在)を消防庁に国際消防救助隊員として登録し、派遣に備えた準備体制を整備している。

消防庁では、登録された国際消防救助隊員に対して、海外被災地での活動において必要とされる知識、技術(手法)の共有及びチームビルディング(連携)の向上を図るため、平成23年度に全国3会場(大阪会場、福岡会場、東京会場)で、「国際消防救助隊の実戦的訓練」を実施した。

平成24年度からは、平成23年度に実施した「国際消防救助隊の実戦的訓練」を踏まえて、各登録消防本部の訓練の普及啓発を図るため、国際消防救助隊員の教育訓練の内、近隣消防本部等と「国際消防救助隊の連携訓練」を実施する消防本部に対し、資機材を貸与するなどの支援を行っている。

また、海外での救助活動に関する国際的な分類基準(IEC*1)を踏まえ、海外での救助活動を行う上で国際消防救助隊員が身に付けておくべき知識、技術を教育し、また、登録隊員が一丸となった即応体制の強化を図るため、国際消防救助隊に登録している77消防本部を対象に国際緊急援助隊の体制や派遣時の留意事項等に関する研修等を中心とした「国際消防救助隊セミナー」を実施している。

*1 IEC:INSARAG(国連国際捜索救助諮問グループ)が設けている救助能力の分類基準で、外国での災害救助に派遣される各国の救助チームの活動を調整し、円滑な連携を図るための指針となるもの。具体的には、各国救助チームの能力(チーム体制、訓練体制、携行資機材のレベル、隊員の活動能力等)に応じて軽(Light)・中(Medium)・重(Heavy)の3段階に格付けされる。要救助者救出の可能性が高い重要な現場には重(Heavy)チームが割り当てられる一方、それ以外の中(Medium)、軽(Light)のチームでは被災国から応援自体を拒否されることもあり得る。日本の国際緊急援助隊救助チームは、平成22年3月に重(Heavy)に認定されている。

さらに、平成26年度は、国際緊急援助隊救助チームのIER*2受検に向けて、チームの一員として受検に臨む国際消防救助隊の隊員及び指導員を対象として、IER準備会議及びIER準備訓練を実施し、受検に必要となる知識及び技術の習熟を図った(第5-1表)。

第5-1表 訓練実施場所及び実施期間
*2 IER(IEC再受検):IEC認定の更新のための再評価。INSARAGでは、IECの認定有効期間を5年と定めており、認定を更新するためには再評価を受検する必要がある。日本の国際緊急援助隊救助チームは、平成27年3月に再評価を受ける。
第5章 国際的課題への対応
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む