目次へ戻る
第5章 国際的課題への対応
2.開発途上諸国からの研修員受入れ
(1) 課題別研修の実施

消防庁では、JICAと連携し、開発途上諸国の消防防災機関職員を対象に「救急救助技術」研修及び「消防・防災」研修(平成25年度までは「消火技術」研修として実施)の2コースの課題別研修を、消防本部の協力の下で実施している。

「救急救助技術」研修は大阪市消防局が、「消防・防災」研修は北九州市消防局が実施しており、これまでに、それぞれ、242人、239人を受け入れて研修を実施している。

各コースの研修生は、研修を通じて身に付けた我が国の消防に関する知識や技術を自国の消防防災能力の向上に大いに活用している。

第5章 国際的課題への対応
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む