目次へ戻る
特集1 緊急消防援助隊の機能強化
1.南海トラフ地震、首都直下地震等に備えた大幅増隊

東日本大震災を上回る被害が想定される南海トラフ地震等に備え、大規模かつ迅速な部隊投入のための体制整備が不可欠であることから、平成30年度末までの目標登録隊数をおおむね4,500隊規模からおおむね6,000隊規模に増強することとしている(特集1-1表)。

特集1-1表 緊急消防援助隊の6,000隊への大幅増隊
特集1 緊急消防援助隊の機能強化
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む