目次へ戻る
特集2 消防団等地域防災力の充実強化
(7) 消防団員確保の支援体制の構築

消防団員の減少に歯止めを掛けるために、消防団員確保に必要な知識又は経験を有する消防職団員等を地方公共団体に派遣し、消防団員の確保の具体的な助言、情報提供等を行う「消防団員確保アドバイザー派遣制度」を平成19年4月から運用しており、平成26年11月現在、29人のアドバイザー(うち女性11人)が全国で活躍している。

特集2 消防団等地域防災力の充実強化
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む