目次へ戻る
特集3 最近の大規模自然災害・火災爆発事故への対応及びこれを踏まえた消防防災体制の整備
1.伊豆大島の土砂災害を踏まえた危機管理体制及び訓練の充実
(1) 災害の概要

平成25年10月11日に発生した台風第26号は、同月16日明け方に大型で強い勢力のまま伊豆諸島北部を通過し、三陸沖で温帯低気圧になった。

東京都大島町(伊豆大島)では、1時間に100ミリ以上の猛烈な雨が降るなど、24時間雨量が824ミリに達する記録的な大雨となった。この影響により、大規模な土石流が発生し、死者40名、行方不明者3名という甚大な被害が発生した。

特集3 最近の大規模自然災害・火災爆発事故への対応及びこれを踏まえた消防防災体制の整備
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む