目次へ戻る
特集3 最近の大規模自然災害・火災爆発事故への対応及びこれを踏まえた消防防災体制の整備
2.広島市の土砂災害を踏まえた災害リスク情報の的確な提供の推進
(1) 災害の概要

日本付近に前線が停滞し、暖かく非常に湿った空気が流れ込み、平成26年8月19日夜から翌20日明け方にかけて、広島市を中心に猛烈な雨となり、安佐北区三入では1時間降水量101ミリ、3時間降水量217.5ミリを観測するなど観測史上最大の値を記録した。

この影響により、広島市安佐北区及び安佐南区では、同月20日未明に複数箇所で土砂災害が発生し、死者74名、負傷者44名(平成26年10月20日午後2時時点の消防庁被害報)という甚大な被害が発生した。

特集3 最近の大規模自然災害・火災爆発事故への対応及びこれを踏まえた消防防災体制の整備
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む