目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
3.火災による損害額

消防本部(消防本部を設置していない場合は市町村)は、火災原因の調査に併せて火災による損害についても調査を行っており、その調査結果から、損害額を算定している。

火災による損害額は、3,080億円であった平成7年(1995年)以降おおむね減少傾向となっており、平成27年中の損害額は825億円で、前年(853億円)に比べ28億円(3.3%)減少した。また、火災1件当たりでは、211.0万円となっており、前年(195.1万円)に比べ15.9万円(8.1%)増加している(第1-1-18図)。

第1-1-18図 火災による損害額の推移

これを出火原因別でみると、ストーブによる損害額が4,449百万円と最も多く、次いでたばこ3,981百万円、電灯電話等の配線3,820百万円となっている(第1-1-19図)。

第1-1-19図 主な出火原因別の火災による損害額

火災による損害額は、建物火災によるものが圧倒的に多く、全体の91.8%を占めている(第1-1-1表)。

第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む