目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
5.火災種別ごとの状況
(1) 建物火災

平成27年中の建物火災の出火件数は2万2,197件で、このうち、放火を除く件数は、2万349件となっている(第1-1-1表、第1-1-11表)。

ア 建物火災は1日に61件、24分に1件の割合

平成27年中の建物火災の1日当たりの出火件数は61件で、24分に1件の割合で出火していることになる(第1-1-2表)。

また、月別の出火件数をみると、1月から5月まで及び12月に多くなっている(第1-1-24図)。

第1-1-24図 建物火災の月別火災件数

イ 住宅における火災が建物火災の54.5%で最多

平成27年中の建物火災の出火件数を火元建物の用途別にみると、住宅火災が最も多く、全体の54.5%を占めている(第1-1-25図、附属資料23)。

第1-1-25図 建物火災の火元建物用途別の状況

また、建物火災のうち、放火を除く住宅火災の件数は、1万1,102件となっている(第1-1-12図)。

ウ 建物火災の40.8%が木造建物で最多

平成27年中の建物火災を火元建物の構造別にみると、木造建物が最も多く、建物火災の40.8%を占めている。

また、火元建物以外の別棟に延焼した火災件数の割合(延焼率)を火元建物の構造別(その他・不明を除く。)にみると、木造が最も高く、31.1%になっている。また、火元建物の構造別に火災1件当たりの焼損床面積をみると、木造は71.9m2であり、全建物火災の平均46.6m2の約1.5倍となっている(第1-1-15表)。

第1-1-15表 火元建物の構造別損害状況

CSVファイルはこちら

エ 建物火災の過半数は小火災

平成27年中の建物火災の出火件数を損害額及び焼損床面積の段階別にみると、損害額では1件の火災につき10万円未満の出火件数が1万2,342件と全体の55.6%を占めている。また、焼損床面積50m2未満の出火件数が1万7,691件と全体の79.7%を占めており、建物火災の多くは早い段階で消し止められている(第1-1-16表)。

第1-1-16表 建物火災の損害額及び焼損床面積の段階別出火件数

CSVファイルはこちら

オ 建物火災はこんろの消し忘れ、たばこの不始末、放火によるものが多い

平成27年中の建物火災の主な出火原因は、こんろによるものが最も多く、次いでたばことなっている。主な経過又は発火源をみると、こんろを出火原因とする火災では、消し忘れによるものが52.2%、たばこを出火原因とする火災では、不適当な場所への放置によるものが45.0%、放火を出火原因とする火災では、ライターによるものが39.7%と最多となっている(第1-1-17表)。

第1-1-17表 建物火災の主な出火原因と経過

カ 放水した建物火災の54.9%は覚知後10分以内に放水

平成27年中の建物火災における火元建物の放水開始時間別の焼損状況をみると、消防機関が火災を覚知し、消防隊が出動して放水を行った件数は1万937件(全建物火災の49.3%)となっている。また、覚知から放水開始までの時間が10分以内のものは6,002件(放水した建物火災の54.9%)となっている。

放水した建物火災の1件当たりの建物焼損床面積を昼夜別にみると、夜間における焼損床面積が昼間の焼損床面積を15.6m2上回っている。これは、昼間に比べて覚知が遅れがちとなるため、消防機関が現地に到着したときは既に火災が拡大していること等の理由によるものと考えられる(第1-1-18表)。

第1-1-18表 建物火災の放水開始時間別焼損状況

CSVファイルはこちら

キ 建物火災の約3割は放水開始後30分以内に鎮火

平成27年中の消防隊が放水した建物火災について、鎮火所要時間別の件数をみると、放水開始後30分以内に鎮火した件数は3,342件と放水した建物火災の30.6%を占めている。また、このうち21分から30分までに鎮火したものが1,127件と最も多くなっている(第1-1-18表、第1-1-26図)。

第1-1-26図 建物火災の鎮火所要時間別1件当たり焼損状況
第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む