目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
(3) 車両火災

平成27年中の車両火災の出火件数は4,188件で、前年に比べ279件(6.2%)減少し、死者数は110人(放火自殺者等54人を含む。)で、前年に比べ増減はない。

また、車両火災による損害額(車両火災以外の火災種別に分類している車両被害は除く。)は18億3,266万円で、前年に比べ5億936万円(21.7%)減少している(第1-1-22表)。

第1-1-22表 車両火災の状況

CSVファイルはこちら

出火原因は、排気管が636件(全体の15.2%)と最も多くなっている(第1-1-23表)。

第1-1-23表 車両火災の主な出火原因と経過
第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む