目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
1.火災事故

危険物施設における平成27年中の火災事故の発生件数は、平成元年以降火災事故が最も少なかった平成5年(1993年)の107件と比較すると、危険物施設数が減少しているにもかかわらず、約2.0倍に増加している。主な発生要因については、維持管理不十分、操作確認不十分等の人的要因によるものが多くを占めているが、腐食疲労等劣化等の物的要因によるものも増加の傾向にある。

第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む