目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
(1) 危険物施設における流出事故発生件数と被害

平成27年中の危険物施設における危険物の流出事故の発生件数(火災に至らなかったもの)は365件(対前年比31件減)、損害額は441百万円(同17百万円増)、死者は2人(同2人増)、負傷者は14人(同11人減)となっている(第1-2-7図)。

第1-2-7図 危険物施設における流出事故発生件数と被害状況

また、危険物施設別の流出事故の発生件数をみると、一般取扱所が最も多く、次いで屋外タンク貯蔵所、給油取扱所の順となっている(第1-2-8図)。

第1-2-8図 危険物施設別流出事故発生件数

一方、危険物施設における流出事故発生件数のうち、96.7%が石油製品を中心とする第4類の危険物の流出となっている。これを品名別にみると、第1石油類(ガソリン等)が最も多く、次いで第2石油類(軽油等)、第3石油類(重油等)、第4石油類(ギヤー油等)の順となっている(第1-2-9図)。

第1-2-9図 流出物質別流出事故発生件数
第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む