目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
(2) 危険物施設における流出事故の発生要因

平成27年中に発生した危険物施設における流出事故の発生要因をみると、人的要因が38.6%、物的要因が54.0%、その他の要因、不明及び調査中を合計したものが7.4%となっている(第1-2-10図)。

第1-2-10図 発生原因別流出事故発生件数

また、発生要因別にみると、腐食疲労等劣化によるものが131件(対前年比17件減)と最も多く、次いで操作確認不十分によるものが45件(同8件減)、監視不十分によるものが32件(同3件増)となっている(第1-2-10図)。

第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む