目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
(6) 保安検査

一定の規模以上の屋外タンク貯蔵所及び移送取扱所の所有者等は、その規模等に応じた一定の時期ごとに、市町村長等が行う危険物施設の保安に関する検査(保安検査)を受けることが義務付けられている。

平成27年度中に実施された保安検査は276件であり、そのうち屋外タンク貯蔵所に関するものは267件、移送取扱所に関するものは9件となっている。

第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む