目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
[林野火災対策の現況]
1.林野火災特別地域対策事業

消防庁では、昭和45年度(1970年度)から林野庁と共同で林野火災特別地域対策事業を推進してきた。この事業は、林野占有面積が広く、林野火災の危険度が高い地域において、関係市町村が共同で事業計画を樹立し、

  1. 〔1〕 防火思想の普及宣伝、巡視・監視等による林野火災の予防
  2. 〔2〕 火災予防の見地からの林野管理
  3. 〔3〕 消防施設等の整備
  4. 〔4〕 火災防御訓練等

を総合的に行うものであり、平成28年4月1日現在、38都道府県の514市町村にわたる234地域において実施されている。

第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む