目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
2.災害応急対策の実施体制の確立

災害の発生が予想される場合には、最悪の事態を想定し、職員の参集、災害対策本部の速やかな設置等により、災害即応態勢の確保を図ることが重要である。消防庁では、被害状況の的確な把握及び迅速な報告、甚大な災害が発生又は発生が見込まれる場合における関係機関との連携、非常用電源の確保を含めた災害対策機能の維持等について万全を期するよう要請している。

第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む