目次へ戻る
第1章 災害の現況と課題
第8節 その他の災害対策
[火山災害対策]
1.平成27年以降の主な火山活動の動向
(1) 口永良部島

口永良部島では、平成27年5月29日9時59分に爆発的噴火が発生し、黒灰色の噴煙が火口縁上9,000m以上まで上がった。この噴火に伴い火砕流が発生し、新岳の北西側(向江浜地区)では海岸にまで達した。このため、気象庁は、10時07分に噴火警報を発表し、噴火警戒レベルを3(入山規制)から5(避難)に引き上げた。

この噴火により、消防庁では、10時07分に国民保護・防災部長を長とする「消防庁災害対策本部(第2次応急体制)」を設置した。

また、10時35分、鹿児島県知事から消防庁長官に対して緊急消防援助隊の派遣要請が行われ、消防庁では、直ちに消防庁長官から高知県、宮崎県、福岡市消防局に緊急消防援助隊の出動を要請した。

なお、5月29日、屋久島町が口永良部島全域に対し避難指示を発令したことを受け、口永良部島島内の全住民及び滞在者合計137人は、同日町営フェリー及び鹿児島県消防防災ヘリ等により島外へ避難を完了した。

この噴火による人的被害は、負傷者1人となっている。

気象庁は、10月21日18時00分に噴火警報の切替を発表し、噴火警戒レベル5(避難)を継続しつつ、避難等の厳重な警戒が必要な範囲を噴火に伴う大きな噴石の飛散が予想される新岳火口からおおむね2kmの範囲及び火砕流の流下による影響が及ぶと予想される新岳火口の西側のおおむね2.5kmの範囲とした。

これを受け、屋久島町は、12月25日に前田地区、向江浜地区及び寝待地区を除く地区の避難指示を解除した。

また、屋久島町は、気象庁が平成28年6月14日に火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを5(避難)から3(入山規制)に引き下げたことを受け、6月25日に、前田地区、向江浜地区の避難指示を解除し、10月25日には、全島避難後に発生した土砂災害により寸断した道路の復旧が完了したことに伴い、寝待地区の避難指示を解除した。

なお、新岳の火口から半径2km以内及び向江浜地区については、今後も安全上の大きなリスクが懸念されるとして、災害対策基本法に基づく警戒区域を設定し、立ち入りを禁止している。

第1章 災害の現況と課題
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む