目次へ戻る
第2章 消防防災の組織と活動
2.公務による死傷者の状況
(1) 公務による死傷者の状況

平成27年中における公務により死亡した消防職団員(火災等の災害対応、演習・訓練実施時など、職務遂行中に死亡したもの等)は7人、同じく負傷した消防職団員は2,172人である(第2-3-1図、第2-3-2図、第2-3-2表)。

第2-3-1図 消防職員及び消防団員の公務による死者数の推移
第2-3-2図 消防職員及び消防団員の公務による負傷者数の推移
第2-3-2表 消防職員及び消防団員の公務による死傷者数

CSVファイルはこちら

なお、平成23年は、東日本大震災被災地において、住民の避難誘導、水門閉鎖等の業務に従事した消防職団員が津波により被災したため、他年に比べて大幅に死傷者が増加した。

第2章 消防防災の組織と活動
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む