目次へ戻る
第2章 消防防災の組織と活動
第6節 救助体制
1.救助活動の実施状況
(1) 救助活動件数及び救助人員の状況

消防機関が行う人命の救助とは、火災、交通事故、水難事故、自然災害、機械による事故等から、人力や機械力等を用いてその危険状態を排除し、被災者等を安全な場所に搬送する活動をいう。

平成27年中には平成27年9月関東・東北豪雨により、鬼怒川堤防が決壊するなど、広範囲で洪水被害が発生する中、二次被害のおそれが懸念される困難な状況下において、救命ボート等により住宅に取り残された住民等に対する懸命な救助活動が実施される等、各地で多くの救助活動が行われた。

平成27年中における全国の救助活動の実施状況は、救助活動件数5万5,966件(対前年比729件減、1.3%減)、救助人員(救助活動により救助された人員をいう。)5万9,190人(同1,381人増、2.4%増)である(第2-6-1表、附属資料44)。

第2-6-1表 救助活動件数及び救助人員の推移

CSVファイルはこちら

このうち、救助活動件数減少の主な要因は、「交通事故」における救助活動件数(対前年比423件減、2.8%減)が減少したことである。

また、救助人員増加の主な要因は、平成27年9月関東・東北豪雨に起因する「風水害等自然事故」(対前年比1,971人増、214.5%増)において増加したことである。

第2章 消防防災の組織と活動
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む