目次へ戻る
第4章 自主的な防火防災活動と災害に強い地域づくり
(2) 文化財防火デー (1月26日)

昭和24年(1949年)1月26日の法隆寺金堂火災を契機として、昭和30年(1955年)以降、消防庁と文化庁の共同主唱により、毎年1月26日を「文化財防火デー」と定め、全国的に文化財防火運動を展開している。

また、この日を中心として文化財の所有者及び管理者により、管轄する消防本部の指導の下、重要物件の搬出や消火、通報及び避難訓練などが積極的に実施され、文化財の防火・防災対策が講じられている。

文化財防火デーポスター
第4章 自主的な防火防災活動と災害に強い地域づくり
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む