目次へ戻る
特集1 熊本地震の被害と対応
特集1 熊本地震の被害と対応
1.地震の概要

平成28年4月14日21時26分、熊本県熊本地方の深さ11kmを震源として、マグニチュード6.5の地震が発生し、益城町で震度7を観測した(特集1-1表)。

特集1-1表 4月14日21時26分の地震(マグニチュード6.5)による市町村別震度一覧

さらに、28時間後の4月16日1時25分、熊本県熊本地方の深さ12kmを震源として、マグニチュード7.3の地震が発生し、益城町及び西原村で震度7を観測した(特集1-2表)。

特集1-2表 4月16日1時25分の地震(マグニチュード7.3)による市町村別震度一覧

その後、熊本県から大分県にかけて地震活動が活発な状態で推移した。気象庁は、これらの地震を含め、4月14日21時26分以降に発生した熊本県を中心とする地震活動を「平成28年(2016年)熊本地震」(以下「熊本地震」という。)と命名した。

一連の地震は、10月31日までに震度1以上が4,123回、震度5強以上が12回発生した(特集1-3表)。

特集1-3表 4月14日21時26分以降に発生した最大震度5強以上の地震

気象庁による震度観測開始以降、震度7を観測したのは、平成7年(1995年)兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、平成16年(2004年)新潟県中越地震及び平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に続き、本地震がそれぞれ4、5例目となった。これまで、国内において2度の震度7を観測した地域は例がなく、さらに、連続して発生したことも観測史上初めてのことであった。

熊本城の被災状況(熊本市提供)
特集1 熊本地震の被害と対応
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む